手取り12万円のタクシードライバーがFXに挑戦中

年収200万円のタクシードライバーがFXと投資で第二給料を稼いでます。

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「今日のFXトレードの記録と反省点(9月 14日)

BEFORE「アベノミクスでお客さん増えた?

2015 09/09

タクシー会社の選び方 (←働くって意味です^^)

タクシー会社の選び方 (←働くって意味です^^)




まず最初に地名も道も全然知らない所で運転手するのは

おすすめできません。



遊びで、ドライブで車を運転するなら、テキトーに標識見ながら

運転してても到着できるけど、

タクシーは基本的に最短距離を走らねばならない。



だから勝手知ってる地元で乗務するのがベター



タクシー運転手になろうと思ったら、

タクシーがよく通る道で車を眺めてたらいい。



やっぱり、良い会社の車は手入れも行き届いていてきれい。

逆に、いい加減な会社の車は澱んだ空気をまといながら走ってる。



普段は分らないけど、

入社する気で見たら一発でわかるはずです。



地方だと地元に1社しかない!とかもあると思うけど、

そこそこの町ならタクシー会社は複数あるはず。



でも、どこも条件はだいたい一緒です。

極端には違わない。



乗務時間や走行距離は法律で決められているので

基本的な労働条件は同じです。



違う点があるとしたら、足きり(売り上げ最低水準)が有る無し、

無線配車が有る無し、

労働組合の有る無し、


カーナビ、ETC、防犯カメラ、クレジットカード対応など

装備も気になるところ、

そのあたりは大手なら全部付いてる。




もし運転手になろうと思ったら、

最初に言ったけど、タクシーがよく通る道で車を眺めてたらいい。

最初のインスピレーションってけっこう当たるものです。









固定給●●万円とか、

50万円以上可能とか、

金の事を書いてる求人広告は信用しない方がいいです。



長く勤めるには雰囲気がいちばん大事です。

いい雰囲気を醸し出してる車の会社を選べば、

まず間違いないと思います。




にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
にほんブログ村

この記事と関連する記事

タクシー会社の選び方 (←働くって意味です^^)

(0)TB(-)

AFTER「今日のFXトレードの記録と反省点(9月 14日)

BEFORE「アベノミクスでお客さん増えた?

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。